Riva

RAM, the N°1 RIVA BOAT SERVICE
Established by Carlo Riva in 1957

RIVAの歴史と共に歩む卓越したボートサービスグループ

LyucompanyはCarlo Rivaファミリーとの相互努力により、
海を愛し、安全に快適に船を楽しみたい人々のために、
Sarnico、Rapallo、Monte-CarloのボートサービスグループRAM社の利用が可能になりました。
RAM社のセーリング界で別格たらしめている
プロフェッショナリズム、誠実、そして礼節は、
すでに我々を知り、評価する人にとって最高水準であり、
また格別なサービスとより良いケアによる恩恵を受けたい人にとっての基準点となっています。
RAM社のプロフェッショナリズムと熟練は、新品でも中古でも船を選ぶ時に役立ちます。
たとえそれがRivaでなかったとしても! 
リスクを負わず、我々にお尋ね下さい。

  • 1st Riva Boat Service since 1957

    RAM社は1957年にCarlo Rivaの要望でレストアオーバーホールを行う為に創設されました。以来、RAM社の技術者は提供するサービスにおいて何一つ見過ごすことなく、常に均一で最高の基準を用い、Rivaに世界的な名声をもたらしたのです。今日、RAM社の提供するオーバーホールは、他のどこよりも抜きんでています。

  • 1954年10月当初からRivaの造船所ではRivaの船の再検査と整備を行なっていましたが、それは特別な、またとないものでした。 それは経験値もなくモデルも仕事の種類も分からず、何隻かも不明、しかも緊急を要するなど、事実上不可能と思われるスケジュールの特別な仕事でした。

  • 再検査は、どの程度の仕事量か分からずとも、時間と技術を費やし、製造予定を大幅に変更し、慎重に注意深く技術的、経済的資源をやりくりしながら行われました。この貴重な経験からCarlo Rivaは、建造現場の完成からわずか2年後、数メートル離れた所に、大工、塗装、内装、そして電気設備とエンジンの開発が手際よくできるように整えられた、数か所の大きな格納庫を実現させました。

  • 1980年9月まで続いたMr. Vinicio Viganiの経営とCarlo Rivaの技術監督の下、最初のサービスセンター、再検査所であるRAM Sarnicoが導き出され、それが後にクラシックヨットの修復のための、本当の“ワークショップ”となったのです。

  • 老いた海のロールスロイス(1986年進水)のためのクリニック!

    我々はRAM Sarnicoのコースを突き進みました。そこは本物のビンテージモーターボートのクリニックにふさわしく、空気清浄できちんと整頓され、効率的でかつ細心の注意が払われました。

  • 有る時‘合成樹脂で実現された、非常に変わった、大きな手術患者で年老いた、しかし、いまだ魅惑的な“Aquarama”が現れました。オーナーの愛のために、本当に若返りの手当てをして航行可能になり、プライドを誇示して敢然と立ち向かえるようになりました。

  • それは奇跡の定義を持ち出せるほどの出来事でした!

    沈没し、壊れ、漂流物によって穴が開き、焼け焦げ、異様な、しかし興味をそそられる船。18ミリ機関銃の嵐でスイスチーズのように穴だらけの船。それは、今では歴史的なものとなったシリーズのRivaのスピードボートでした。レバノン海でショーに出ようとして、ゲリラグループの銃撃戦に遭遇してしまったのです。

  • そこには、年代を超え、外傷を持つ兄弟艇が、手術室に入る前の待合室のように並んでいました。時間と労力をかける価値があるか?船の市場価値と、新品のように戻すのにかかる費用を考えれば、答は明らかにノー!

  • しかし、船を損傷したRivaオーナーの殆どが抱く、クラシックカーへのそれと同様の、より強い感情的な価値観を鑑みれば、もう一つの答えはイエスです。Sarnicoクリニック、事実上の修復進水サービスを出る時には、船は新品とどこも変わることなく、さらに大きな価値を持ち、羨望の的となっていました。

  • 今!Vintage Riva!

    Monaco Boat ServiceやRAM、the historic center of Riva Boats and service review, そしてItalian Design Workshopの卓越した相互作用により、Vintage Rivaが生まれました。Vintage Rivaは、Dolce Vitaの新しいコンセプトにインスピレーションを受けた、本物のライフスタイルです。

  • 事実Vintage Rivaは、Rivaの船の芸術品的価値と、RAM社の他に類を見ないサービスの信望・保証を兼ね備えています。RAM社の“使命”と、船舶世界の歴史を作り上げてきたRivaのブランドがVintage Rivaモデルを、海に呼び戻しました。

  • この二重性は、一方が歴史の価値と保証の伝統にしっかりと足を据え、もう一方は未来と発明に目を向けてきたのです。Vintage Riva Classicはブランドの最もロマンティックな精神であり、Ariston、Olympic、そして伝説のAquaramaなど高貴なマホガニー製のRivaの誠実を示しました。

  • そして、Italian Design WorkshopによるVintage Rivaは未来へ向けての精神でもあり、1969年からRiva造船所で建造している現代のファイバーグラスの船体に、新たな解釈を与えています。